ソフトウェア

【Oculus Quest 2】無線でSteamVRを遊ぶ方法/Virtual Desktopのインストール

2020年10月17日

Oculus Quest 2はスタンドアローン型で本体のみで遊ぶことができますが、PCと接続を行えばPCのパワーを使うことでより滑らかで高画質なゲームで遊ぶことができます。

公式の「Oculus Link」を使えばPCVRをすることができますが、これは有線オンリーとなっています。折角なら無線で遊びたいという方向けに「Virtual Desktop」とアプリを使って無線PCVRを実現できます。

導入する前に準備するもの

これだけあれば大丈夫

  • GPU搭載の高スペックPC
  • Wifi環境(Wi-Fi 6推奨)

Quest 2側の準備

Quest 2ではVirtual Desktopをインストールして終了です。

▼ VR内もしくはスマホアプリのOculusストアでVirtual Desktopを購入し、インストールを行います。

スマホ側の準備

スマホ側ではOculus Quest 2を開発者モードをONにしておきます。

▼ Oculusアプリを開いて設定からその他の設定を選択します。

▼ 開発者モードを選択します。

▼ 開発者モードをONにします。

PC側の準備

PC側では、Virtual DesktopでSteamVRをできるようにするため、パッチをインストールする必要があリます。なので「Virtual Desktop Streamer」「SideQuest」「開発者用のAPK」のダウンロードを行いゴニョゴニョしていきます。

▼ 公式サイトから「Virtual Desktop Streamer」をインストールします。

▼ Oculus Usernameに名前を入力しSaveをクリックします。

▼以下のURLからOculusの開発用のアカウントを作成します。

▼ ログインできたら左のダウンロードを選択します。

▼ 「Native Mobile」を選択します。

▼ 「Oculus ADB Drivers」を選択します。

▼ 「Oculus ADB Drivers」をダウンロードします。

▼ ダウンロードしたファイルから「android_winusb.inf」を右クリックしてインストールします。

▼ 以下のURLからSideQuestをダウンロードします。

▼ SideQuestをインストールしたら、Oculus Quest 2をPCに接続します。接続したらQuest 2側でポップアップに同意するとSideQuestの左上のマークが緑色になります。

▼ SideQuestでVirtual Desktopを検索し、INSTALL TO HEADSETを選択してパッチをインストールしたら終了です。

SteamVRをインストール

▼ PCのSteamでSteamVRをインストールします。

全ての準備が終わったら

既に準備は完了したので、Oculus Quest 2でVirtual DesktopからPCでSteamVRを起動できるようになっています。一度SteamVRを起動すれば次回からSteamを立ち上げることなくゲームプレイが可能になります。

▼ 初めはSteamの右上にあるVRボタンからSteamVRを起動することができます。

よく読まれている記事

1

ページコンテンツ1 DeepFaceLab 2.0とは2 DeepFaceLab 2.0 フェイク動画をつくる2.1 DeepFaceLab 2.0のダウンロード2.2 DeepFaceLab 2.0 ...

2

自作PCで、多くのパーツをCorsair製品で揃えたので、iCUEでライティング制御していきました。 私のPCでは、表示されている4つのパーツが制御されています。ここで、HX750i電源ユニットは、L ...

3

コンピュータは有限桁の数値しか扱う事はできないので、桁数の多い場合や無限小数の場合は四捨五入され切り捨てられます。なので実際の数値とは多少の誤差が生じますが、これを丸め誤差といいます。 なので、コンピ ...

-ソフトウェア