ガジェット・スマホ

今こそ買うべきUSB電圧・電流チェッカーのおすすめ【QC3.0/PD対応】

2019年9月5日

今では、安価な充電器やモバイルバッテリーが多く出ており、100円均一でも見かけることがあります。その中には急速充電を謳うものや、大容量モバイルバッテリーもありますが、それを自分自身で確認する術を持っていない方が多いと思います。

QC3.0対応だとか、PD対応だとか、それがきちんと出来ているか確かめる方法として、電圧電流テスターを使う方法が一番簡単だと思います。

スマホであれば充電時間を測定する方法や有料アプリで電圧や電流を測定する方法がありますが、少し面倒だったりします。

USB電流電圧を測定する理由・メリット

まず、USBにも規格がいくつかありますが、測定するべき規格は、被害の大きさを考えると高出力に対応しているPD対応のType-Cケーブルです。

従来のUSB規格で、USB2.0=2.5W、USB3.0=4.5W、バッテリ用途の充電規格USB BC1.2では7.5Wでした。急速充電QC3.0規格でも最大出力18Wとなっています。USB Type-CのPD対応ケーブルでは、15~100Wの最大100W出力に対応しています。

ここで重要なのは、最大100W出力に対応した規格であるということ。

仮に、USB-Cの保護回路の不具合等のある中華製の粗雑なケーブルに当たってしまった場合、ケーブルの発火や、充電端末へのダメージなどのトラブルの原因になります。

Type-Cだけでなく、Type-Aでも急速充電できていると思ったら実は急速充電できていなかったなんてことも。ということでケーブルが正常に動作しているかを知っておいたほうが良いでしょう。

おすすめのUSB電圧電流チェッカー

USB電流電圧チェッカーは、取り扱っているところが少なくどこのブランドを買えば悩むと思います。

Amazonで探してみると、中華ブランドが多く価格帯も1000~2000円代と似たような値段がほとんど!どれを買えばよいかは、ネットで買った人のレビューや測定の精度などを確認してから買いましょう

個人的に色々調べてみたところ、ルートアールブランドが信頼のできる製品だと思いました。以下では、私が購入したものを3つほど紹介します。(Type-C用が1つ、Type-A用が2つ)

ルートアール USB Type-C電圧・電流チェッカー RT-TC3VABK


ルートアール 双方向・通電方向表示 USB Type-C電圧・電流チェッカー ブラック RT-TC3VABK

測定機能電圧:4~20V 電流:50mA~5A 積算電流 通電方向表示(矢印)
表示サイズ1.06インチ OLEDスクリーン
入出力端子USB Type-C オス、メス
サイズ64 x 19 x 9mm
重量約7g
保証期間購入後6カ月間

このUSB Type-C電圧・電流チェッカーは、USB PDに対応し、20V=5A(Max100W)までの測定が可能です。

100Wまで測定できるものは数少ないのでおすすめ!

Type-Cオス・メスどちらにも電源の接続可能な双方向入力と通電方向表示に対応し、電圧・電流・積算電流・通電方向を簡単にチェックできる。

ただし、USBのデータ通信機能は対応していないのでサポート・保証対象外です。

ルートアール QC3.0対応 USB簡易電圧・電流チェッカー RT-USBVAC5QC


ルートアール QC3.0対応 USB簡易電圧・電流チェッカー 積算機能・時間・ワットVA同時表示対応 RT-USBVAC5QC

測定機能電圧:3.5~20V 電流:0~3A 積算電流 電力 積算充電時間
入出力端子USB Type-A オス、メス
サイズ80 x 27 x 15mm
重量約23g
保証期間購入後6カ月間

ルートアールの人気製品「RT-USBVAC3QC」のバージョンアップ版です。

QC2.0、3.0規格に対応し、5~20Vの電圧を測定することができます。また、USB2.0のデータ通信に対応しています。

積算電流値表示に加え、積算給電時間と消費電力を表示を切り替えることができます。

積算給電時間からバッテリーの充電にかかった時間を知ることができます。

COOWOO USB電流電圧テスター チェッカー 3-30V/0-5.1A


COOWOO USB電流電圧テスター チェッカー 3-30V/0-5.1A 急速充電QC2.0/QC3.0/MTK-PE/iphone2.4Aなど対応【日本語説明書付き&12月保障】

測定機能電圧:3~30V 電流:0~5.1A 容量 消費電力 時間 電力 温度 抵抗
入出力端子USB Type-A オス、メス
サイズ-
重量-
保証期間購入後12か月間

Amazonレビューでは、かなりの評価数で評価も☆4であったが、購入後不満が多数あった。

  • 多機能なせいか、テスターの消費電力が多い(充電速度が落ちている)
  • なぜかスマホやタブレットの計測電流は1Aしか計測できない
  • 多機能で、中華製品なので正しい使い方がよくわからない(説明書が簡易的すぎてよくわからない)

使用用途によっては、多機能で便利という意見や、精度はそこまで悪くないという意見もあったので、一概には言えないと思います。

しかし、私が購入したものは多々不満もありながら、1日で電流が測定できなくなったので即返品しました。ハズレ商品だったので、後日ルートアールの製品を購入しました。

よく読まれている記事

1

ページコンテンツ1 DeepFaceLab 2.0とは2 DeepFaceLab 2.0 フェイク動画をつくる2.1 DeepFaceLab 2.0のダウンロード2.2 DeepFaceLab 2.0 ...

2

自作PCで、多くのパーツをCorsair製品で揃えたので、iCUEでライティング制御していきました。 私のPCでは、表示されている4つのパーツが制御されています。ここで、HX750i電源ユニットは、L ...

3

コンピュータは有限桁の数値しか扱う事はできないので、桁数の多い場合や無限小数の場合は四捨五入され切り捨てられます。なので実際の数値とは多少の誤差が生じますが、これを丸め誤差といいます。 なので、コンピ ...

-ガジェット・スマホ