【厳選】化学の参考書・問題集のおすすめ!MARCH、難関大学志望の理系の受験生へ!

MARCHを目指す受験生へ!化学の勉強方法と、どの順番で問題集を進めていけばよいのか紹介していきます。

基本的に受験勉強の進め方として、基礎→基本→実践(過去問)というのがセオリーです。

 

最初に言っておきますが、問題集はメチャクチャ種類があって迷っている方はいると思いますけど、実はレベル別に選べばどれを選んでも問題の質は大して変わりません。なので、必要な問題集のみ数冊紹介していきます。

 

問題の解説にこだわってください。自分にとってわかりやすい解説、見やすい解説を選びましょう。よくわからなければ解答がなるべく厚いものを選ぶようにしましょう。

 

 

化学の参考書

大学受験Doシリーズ



入試突破のためにいちばん大事なところ(多くの人の解けない原因になっている見落としがちで大事な事柄)を、入試に直結する方法で、わかりやすく、すっきり説明しました。
大学入試で必要な化学のとらえ方がわかるので、丸暗記と異なり、知識がしっかり定着し、効率よく応用力を身につきます。

 

化学の参考書といえばこれ!それだけ、丁寧に化学の現象の説明してあります。

理解ができていない部分を克服するための参考書にはとてもおすすめします。

 

 

化学の新研究

難関理系向け「化学」参考書のベストセラー。
教科書本文の一字一句を徹底的に詳しく研究・解説。
内容重視の方針を貫き、まとめ・覚え方・整理などの欄は極力省き、その分はすべて解説にあてている。
多くの教科書で行われている系統的・標準的な単元配列を採用。

 

先の参考書は基本的な説明が多いのに比べ、こちらはさらに理解を深めたい方におすすめです。問題を解くのに必要のない知識を多いですが、化学を学びたいという人には是非おすすめしたい参考書です。

 

 

化学の問題集

セミナー化学基礎+化学


学校採用の問題集です。質の高い問題集なので、入試に十分対応が可能です。進学校で採用されることが多く、とても定評のある問題集です。

学校で配布されることが多いと思います。全分野を網羅していて、基本的な難易度の学習にはおすすめです。

 

 

実践 化学重要問題集


化学の教科書を土台とし、化学基礎と化学を一貫して、総合的に学習できるように構成。各項目は、「要項」、「問題」の2つから構成され、さらに「問題」は「A」「B」の2段階に分類。解答編は、左段の解答・解説、右段の傍注(解答・解説の補足)で構成。

難関大学を目指す方は重問と呼ばれるこの問題集はやっておきたいところです。苦手な単元だけ集中的に解いていくのも良いと思います。

 

 

 

化学の新演習

最近の大学入試問題から、今後も類似の問題が多く出題されると思われる頻出問題、比較的長文で実力強化に役立つと思われる重要問題331題を厳選し、約10%の問題はそのまま掲載し、残りは問題どうしの重複を避けるため、またスムーズな学習を可能にするため、丁寧にアレンジを加えて収録。各問題には3段階で難易度を表示。

 

超難関大学向けの問題集ですね。トップレベルの難易度なので、化学の学力に自信がある方に、入試演習用に取り組むと良いと思います。

 

 

有機化学演習

第1章「有機化学の基礎」、第2章「有機化学演習」で構成。第1章では、大学入試に必要と思われる有機化学の基礎知識を23項目に分け、入試出題頻度をも考慮してできるだけ簡潔に記述。第2章では、最も典型的な問題56題を<例題>として取り上げて解説し、各節末には<練習問題>と「練習問題の解説と解答」を加えて構成。

 

この問題集は有機化学に特化しています。大学にもよりますが、有機の問題が頻出であったり、問題の割合が多い場合には、やると良いでしょう。有機が苦手という方でも取り組める難易度だと思います。

 

まとめ(おまけ)

基本的に、参考書を読み終わった単元から、問題集で解いていきましょう。

大学受験Doシリーズ ➡ セミナー ➡ 重問

という順番が良いと思います。

 

 

 

コメント