【厳選】英語の単語帳・問題集のおすすめ!英文法・長文・英作文のおすすめ問題集!

MARCHを目指す受験生へ!英語の勉強方法と、どの順番で問題集を進めていけばよいのか紹介していきます。

基本的に受験勉強の内容として、大きく分けて、単語・文法・長文の3つありますが、どれも欠かすことはできないものです。また、大学によっては英作文が必要となるところもあるでしょう。これらの4つを勉強していくための問題集をいくつか紹介していきます。

 

最初に言っておきますが、問題集はメチャクチャ種類があって迷っている方はいると思いますけど、実はレベル別に選べばどれを選んでも問題の質は大して変わりません。少し読んでみて、自分にしっくりくるものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

単語帳

英単語帳は多くの種類が出ていますが、システム英単語、ターゲット、単語王、速読英単語は耳にしたことはあるんじゃないでしょうか。この中でも、速読英単語は単語帳というよりかは、短い英文を読むのに使うと良いと思います。単語帳の効率的な使い方は、他の記事で紹介しているので気になる方はこちら。

システム英単語(駿台受験シリーズ)

英単語ターゲット1900

単語王2022

速読英単語1必修編

 

英文法の参考書

総合英語Evergreen

英文法のルールの「なぜ?」をわかりやすく、ていねいに説明。基本をしっかり理解してからより深い学習に進めるよう、Part 1「これが基本」→Part 2「理解する」→Part 3「深く知る」という三部構成になっており、また、主要な章には、その章で学んだ内容を整理・確認する「Part 4 確認する」を新設。ことばでのていねいな説明や学習しやすいレイアウトはもちろん、イラストや概念図をふんだんに取り入れ、英文法を多角的に理解できるよう、「わかりやすさ」を徹底追求。

 

英文法・語法Vintage

 本書は,大学受験に必要な,英文法・語法・イディオム・会話表現などの広範な英語の知識を効率よく獲得し,さらにその知識を展開して入試問題を解く力を身につけることを目的とした学習書です。

  • 最新入試を徹底研究,頻出問題を厳選 →最近の入試傾向を踏まえて,必須の攻略ポイントを厳選しました。さらに,超頻出問題もチェックできます。必須項目を体系的に学習できるように問題を配列しました。
  • 詳しい解説で問題の解き方が身につく →問題を解く際の「着眼点」,正解への道筋である「問題の解法」,なぜ誤りなのかを示す誤答の「選択肢」の解説など,問題を解く力を養います。
  • 学習の指針を示す豊富なコラム →「まずは確認」,「しっかり理解」,「整理して覚える」の3種類のコラムを掲載。理解しなければならないこと,覚えなければならないことを明確に提示しています。
 

ブレイクスルー総合英語

序章+19章で構成。段階的に英文法を学習できるよう、区別がある章は、<基本>と<発展>の2つに区分。各章の冒頭には、その章を学ぶために知っておくとよい情報を取り上げた「Preview」と、学習する項目の概要を掲載ページ数と共に載せた「Guide」を収録。基本例文は、日常の様々な分野でよく出てくる表現を使用するように配慮。「ニガテ君がんばって!」では、一般的に生徒がよく間違えるポイントを、ニガテ君の間違いや質問をもとに、誤答への解説や対話などの形で、わかりやすく説明。「

 

英文法の問題集

Next Stage英文法・語法問題

「文法」「語法」「イディオム」「会話表現」「単語・語い」「アクセント・発音」の大学入試頻出項目を効率的に身につけることができる。センター試験・中堅大学では「差をつける」レベルまで、難関大学では「合格ラインに到達できる」レベルまでの情報量。体系的理解が可能なように全128のPointを設け、内容を明示。整理欄、考え方欄、問題レベルの表示、解説中の[!!注意]や[+プラス]など、情報を理解しやすい紙面構成。

 

スクランブル英文法・語法

★ 入試によく出る1690問を収録
・過去問題を研究し、よく出る項目を厳選して収録
・文法、語法だけでなく、語い、イディオム、会話表現、発音・アクセントを含む6大分野を完全網羅
★ 見やすい、解きやすい、見開き2ページ完結のレイアウト
・左ページに問題、右ページに解説の、学習しやすい見開き完結のレイアウト
重要ポイントをまとめたPower Up!コラム
・入試の重要ポイントをまとめたコラムで、知識をさらに整理・定着
★「出題頻度」「難易度」マークで、効率よく学習
・頻度を示す「超頻出/頻出」と、難易度を示す「基本/発展」マークを各問題に付記

 

全解説頻出英文法・語法問題1000

「問題編」+「解答・解説編」の二分冊形式。大学入試で問われる文法・語法上の必須項目をあらかじめ抜き出し、これまで収集した多量の入試問題から、ベストの物を項目別に編集・収録。客観4択問題で各文法項目の必須事項が習得できるように構成。正誤指摘問題、整序問題を約200問収録。

 

英文法ファイナル問題集(標準編・応用編)

実力を判定する難易度別全10回のテスト形式で実力を判定。さまざまな出題形式で文法事項をランダムに配列しているので、実戦的な演習が可能。

こちらの問題集は、先の英文法の問題集をやりこみ、仕上げとして用いると良いでしょう。MARCHレベルなら標準編で十分だと思います。難関大学編は、結構難しいので、自身のある方はやってみても良いでしょう。

 

 

長文の問題集

やっておきたい英語長文

内容の理解を問う客観問題から和訳問題、内容説明問題まで幅広く扱うことで、ほとんどの大学の読解問題に対応できる高度な読解力の養成をめざす。設問を解く際の着眼点や考え方などをAdviceとしてまとめている。要約付き。

 

英語長文レベル別問題集

「設問文」「問題」「解答・解説」「構文分析/和訳」を見開きで構成。語句リストも充実。本文で扱った全問題文の音声をナチュラルスピードで収録した「耳ならしCD」つき。

 

英作文の参考書

 

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

竹岡先生曰く、英作文問題のポイントは以下の3つ。
1.時制に関する知識を問うものなのか
2.文脈を踏まえた内容が書けるかどうかを
問うものなのか
3.論理的な文が書けるかどうかを問うものなのか

本書はこれらのポイントに即時対応できるよう、
●英作文に必要な技法を100文に凝縮している。
●時制と論理に重点を置いている。
●英語として不自然なものは一切排除。
日本人が無理なく書ける表現を満載している。

 

まとめ

英単語帳は、基本的に1冊を完璧にという人もいますが、単語帳の使い方は他の記事で紹介しているので、気になる方はこちら。

他に、英文法の参考書、問題集を紹介しましたが、こちらは紹介した中から参考書と問題集を1冊ずつ極めてください。理由としては、英文法の問題集を複数やっても重なる部分がありますし、1冊仕上げるのにかなりの時間がかかるからです。

 

長文問題集は、河合塾シリーズと東進シリーズを紹介しましたが、基本的にどちらでも良いと思います。自分に合った方を選びましょう。時間があるなら両方解いても良いと思います。

 

英作文については、ドラゴンイングリッシュの英文をひたすら覚えていきます。英文を覚えることで、英作文だけでなく、長文を読むときにも役立つので、ぜひおすすめです。

 

コメント