【Atom:autocomplete-python】Anaconda3の実行環境のPATHを設定する

AtomでPythonを書くときに、入力補完機能があると便利ですよね。今回は、入力補完機能のプラグインである[autocomplete-python]のインストール方法を紹介します。ただ、このプラグインはインストールするだけでは機能しません。pythonの環境のPATH設定をする必要があります。

 

今回は、Anaconda3の実行環境のPATHを設定します。もちろん、Anaconda3でなければならない必要はありませんが。

 

 

Pythonの実行環境を構築する

 

  • Anaconda3のインストール
Anaconda | Individual Edition
Anaconda's open-source Individual Edition is the easiest way to perform Python/R data science and machine learning on a single machine.

 

上記サイトから、Anaconda3をインストールします。

今回は、Windows版Python3.7 version 64Bit をダウンロードします。

ダウンロードしたら、ファイルを実行します。セットアップでは、基本的に変更する必要はありませんが、オプションの設定で、”Add Anaconda to my PATH enviroment variable”にチェックしておくと、PATHが自動設定されます。

 

 

無事インストールできたら、Anaconda Navigatorがインストールできているので、これを実行すると下のようになると思います。

 

 

 

 

▼左メニューのEnviromentsから、下のほうのCreateを選択します。

 

 

 

▼作成したい実行環境、Python 2.x / 3.x や環境名を設定します。環境名は何でも構いませんが、今回は、Python37としました。

 

 

 

▼無事環境を作成することができました。

 

PythonにTensorflow等のライブラリをインストールは以下を参照。

深層学習を用いて画像判定AIを作ってみよう。【Pythonの実行環境構築#1】
深層学習を使うので、今回はPython3を使って機械学習アプリを作っていきます。 Anaconda3のインストール まず、Python3を使える...

 

 

Autocomplete-pythonのPATH設定

▼Atomから”autocomplete-python”の設定画面を開く。

 

▼Python Executable Pathsに、Pythonの実行環境のPathを設定します。Anaconda3で上に紹介したやり方と同じようにやった場合は、”C:\users\[ユーザ名]\Anaconda3\envs\[実行環境名]\python.exe”にあると思います。

 

これで、Autocomplete-pythonのPATH設定は完了です。

 

コメント