新型iPad Proの手頃なおすすめアクセサリー【Smart Folioそっくりなカバー】

 

新型iPad Proが発売されて1年が過ぎましたが、iPad周りの純正アクセサリーは非常に高価ですよね。

値段が落ちてくれると有難いですが、Apple製品はそうはいかないですよね。

 

そこで充実してきたサードパーティ製品の中で、純正品に似ているけどコスパが圧倒的に良い類似商品をAmazonを紹介します。

 

ただ、今回紹介するESR製品とJEDirect製品についてはAmazonレビューのみを参考としているため間違っている情報があるかもしれませんがご了承ください。

 

 

iPad Proケースを決める中で、これらの要素を重視に探してみました。

  1. 価格
  2. 品質(質感や厚さ)
  3. 機能性
  4. 重量

 

純正のSmart Folioと比較すると、こんな感じ。(◎>〇>同等>△>×)

品質に関してカバーの表面の質感は好みがわかれるところだと思いますが、裏面に関しては純正のほうがふわふわで人気なようです。

 ESRZtotopJEDirect
価格
品質
機能性
重量×同等×

 

 

 

 

iPad Pro 磁気吸着型ケース

ESR iPad Pro ケース 2018年モデル マグネット吸着式

価格約2499円
品質表面:純正に近い質感の素材 裏面:マイクロファイバー
機能性純正よりやや劣る
重量約240g

 

・価格について

純正の4分の1で非常に格安。

 

 

・品質について

純正に近い質感らしいですが、純正よりもESR製のほうがカバーの表面やカラーが好みという方も多数いらっしゃるので完全に好みということになります。裏面は純正のほうが起毛でふわふわ。ただし、ESRロゴが刻印されているので気になる人もいるかもしれません。

 

 

・機能性について

純正品とほぼ同等であるが、ESR製品は表面を裏に折りたたんだ状態でカメラ部分のみ開くという状態にできないのでカメラを多く使う方には欠点になり得るかもしれません。また、マグネットの位置関係により地図機能が機能しなくなるという報告もあります。

 

 

・重量について

ESRの初期製品は約160gと純正よりも軽量でしたが、現在の重量は生産工場の関係で約240~250gと表記されていますので、純正品よりもかなり重いです。

 

 

 

 

 

Ztotop[軽量版] iPad Pro 2018 ケース 磁気吸着式

価格約2599円
品質表面:PUレザー 裏面:マイクロファイバー
機能性純正よりやや劣る
重量約170g

 

・価格について

純正の4分の1で非常に格安。

 

 

・品質について

Ztotop製品はPUレザーのためサラサラとした質感です。これも好みがわかれるところだと思います。また新製品にはロゴが刻印されなくなったのもGoodな点。

 

 

・機能性について

ESR製品と同様に表面を裏に折りたたんだ状態でカメラ部分のみ開くという状態にできないのでカメラを多く使う方には欠点になり得るかもしれません。また、このケースはマップ機能は普通に使えました。

 

 

・重量について

Ztotop製品の軽量版では重量が170gと改良されているので、純正品と同等といってもよいでしょう。

 

 

 

 

 

JEDirect iPad Pro 2018 ケース マグネット吸着式

価格約997円
品質表面:PUレザー 裏面:極細繊維
機能性純正よりやや劣る
重量約230g

 

・価格について

まさかの純正の10分の1で激安。数ヶ月で壊れたとしても心のダメージは小さい。

 

 

・品質について

JEDirect製品はPUレザーだが純正よりもマット感が強いらしい。これも好みがわかれるところだと思います。またロゴが刻印されなくなったのもGoodな点。

 

 

・機能性について

ESR製品と同様に表面を裏に折りたたんだ状態でカメラ部分のみ開くという状態にできないのでカメラを多く使う方には欠点になり得るかもしれません。また、マグネットの位置関係により地図機能が機能しなくなるという報告もあります。

 

 

・重量について

約227gということで、純正品よりもやや重いです。

 

 

 

 

 

その他類似品

 

他にもありましたが、ESRやZtotopと似たような価格帯と性能をしています。

 
 
 
 
 

Ztotop製iPad Pro11カバーの開封

 

▼届いた時から箱がべこべこ。まあ安いし仕方ないのかな?と納得させる。

 

▼表面は純正そっくりだけど、触った感じはさらさらしている。PUレザーなのでビニールっぽいです。

 

▼裏面も表面の同じ素材でさらさらとしている。カメラ位置はちゃんとしています。

 

▼中はマイクロファイバーなので柔らかい素材でできている。内側にロゴがありますね。

 

▼重さは172gと純正とほぼ同じで軽量化がされています。

 
 
 
全体的には良製品だと思いました。純正品とほぼ同等の機能を持ち、軽量化が図られているのでコスパいいですよね。
 
ただ、純正品と比べるとやはり劣っている感を少なからず感じることになるでしょう。
 
表面には機能の動作ができる最低限の磁石しか入っていないのか、裏面にくっつけたときにぴたっとくっつかないです。カメラ部分も折り返せないですし。
 
 
 
 
 

まとめ

 
純正はもちろん重さや耐久性が1番良いとして、カバーは消耗品ですので汚れたり壊れたりしてしまいます。
 
使用用途によってカバーを汚してしまうなどの心配がある方は、格安カバーを使った方が精神衛生上良いですし、大事に長く使おうと思っている方は純正カバーを購入するのが良いと思います。
 
 
格安カバーの特徴をまとめると
 
  • 純正のようなゴム質のカバーがいい方はESR製

 

  • 純正のような軽さを求める方はZtotop製

 

  • それ以外の方、とにかく安いものを求める方はJEDirect製

 

というような感じですね。

 

コメント