【Oculus Quest 2】無線でSteamVRを遊ぶ方法/Virtual Desktopのインストール

Oculus Quest 2はスタンドアローン型で本体のみで遊ぶことができますが、PCと接続を行えばPCのパワーを使うことでより滑らかで高画質なゲームで遊ぶことができます。

 

公式の「Oculus Link」を使えばPCVRをすることができますが、これは有線オンリーとなっています。折角なら無線で遊びたいという方向けに「Virtual Desktop」とアプリを使って無線PCVRを実現できます。

 

 

 

導入する前に準備するもの

これがあれば大丈夫です。

  • GPU搭載の高スペックPC
  • Wifi環境(Wi-Fi 6推奨)

 

 

Quest 2側の準備

Quest 2ではVirtual Desktopをインストールして終了です。

 

▼ VR内もしくはスマホアプリのOculusストアでVirtual Desktopを購入し、インストールを行います。

 

 

 

スマホ側の準備

スマホ側ではOculus Quest 2を開発者モードをONにしておきます。

 

▼ Oculusアプリを開いて設定からその他の設定を選択します。

 

 

▼ 開発者モードを選択します。

 

▼ 開発者モードをONにします。

 

 

 

 

PC側の準備

PC側では、Virtual DesktopでSteamVRをできるようにするため、パッチをインストールする必要があリます。なので「Virtual Desktop Streamer」「SideQuest」「開発者用のAPK」のダウンロードを行いゴニョゴニョしていきます。

 

▼ 公式サイトから「Virtual Desktop Streamer」をインストールします。

Home | Virtual Desktop

 

▼ Oculus Usernameに名前を入力しSaveをクリックします。

 

 

▼以下のURLからOculusの開発用のアカウントを作成します。

Oculus開発者ダッシュボード

 

 

▼ ログインできたら左のダウンロードを選択します。

 

 

▼ 「Native Mobile」を選択します。

 

 

▼ 「Oculus ADB Drivers」を選択します。

 

 

▼ 「Oculus ADB Drivers」をダウンロードします。

 

 

▼ ダウンロードしたファイルから「android_winusb.inf」を右クリックしてインストールします。

 

▼ 以下のURLからSideQuestをダウンロードします。

SideQuest: Early Access Virtual Reality
SideQuest is the early access layer for Virtual Reality. Get access to the latest Oculus Quest Games & Apps.

 

 

▼ SideQuestをインストールしたら、Oculus Quest 2をPCに接続します。接続したらQuest 2側でポップアップに同意するとSideQuestの左上のマークが緑色になります。

 

 

▼ SideQuestでVirtual Desktopを検索し、INSTALL TO HEADSETを選択してパッチをインストールしたら終了です。

 

 

 

SteamVRをインストール

 

▼ PCのSteamでSteamVRをインストールします。

 

 

 

全ての準備が終わったら

既に準備は完了したので、Oculus Quest 2でVirtual DesktopからPCでSteamVRを起動できるようになっています。一度SteamVRを起動すれば次回からSteamを立ち上げることなくゲームプレイが可能になります。

 

▼ 初めはSteamの右上にあるVRボタンからSteamVRを起動することができます。

 

 

 

コメント